1.カラーにダメージはつきもの?

オゾンカラーの特徴

ヘアカラーをするだけで、人の印象はガラリと変わります。

髪の長さを変えなくてもイメージチェンジができることは、
ヘアカラーの大きな魅力ですね。

 

たくさんの方がすでにヘアカラーを楽しんでいると思いますが、同時に気になるのは髪のダメージ。

頻繁にカラーを繰り返し、髪がギシギシ...せっかくのカラーも
キレイに映えないしスタイルも上手く決まらない!

また、頭皮に与える影響も気になるところです

オゾンカラーは「健康志向」

カラーの選び方

ダメージをかけにくくカラーを楽しめる、そんな薬剤がないかと探し私たちが辿り着いたのが「オゾンカラー」。

出来る限る負担を少なく出来るように前処理と後処理をしっかりします。

寒色系(アッシュ・マット・ゴールド)

スモーキー感を出したり、カッコいいクールな感じが出ます。

ひと味違う個性的な印象を作りたい方におすすめです。

 

暖色系(レッド・オレンジ・ピンク・バイオレット)

暖かい感じ・柔らかい感じ、ツヤの出る感じが出ます。

少し華やかな印象になりたい、とご希望の方におすすめです。女性らしい優しい雰囲気をつくることができますよ。

 

スタイルキープのために

カラーをしたスタイル、せっかくオシャレなカラーリングなのに、よく見ると根元が伸びてきている...ということ、ありますよね。意外と人は見ているもので、せっかくのスタイルも大きなマイスポイントに。 逆に、いつもキレイな色にそまったヘアスタイルの方は、品のある「きちんと感」で好印象を与えられるかもしれません。

とはいえ、ちょっと伸びただけでカラーにいくのはもったいないというお気持ちもわかります!

なんとか定期的なケアを負担なく続けていけるよう、SHAKEではオゾンカラーのカラー会員をご用意しました。

1年間で最大14回まで、ぜひご相談ください。 

1.

2.

3.

4.